ぶう工房

主に電動糸鋸を使った趣味のブログ、その他何でも自作にこだわっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ipod touch ケース製作

いまさらですが、最近 「ipod touch」 を買いました。

IPOD

これまで 「ウォークマン」 で音楽を聴くのみでしたが、これなら無線LANが使用でき、
ネットにゲーム、カメラに動画などなど・・・。(知っとるわい!って言われそうですが)
めっちゃくちゃ便利
知ってはいましたが、持ってみて再認識しています。

ただ・・・。傷が付きやすいのでカバーが必要です。

100円ショップなどにも売ってありますが、やはり・・・自作に挑戦!
今回はレザークラフトです。

IPOD型

ここからはipod touch で撮影しましたので画像が悪いです。
まず、木型を作ります。4.5mmのシナベニアを2枚貼り付けています。
これでほぼ同じ厚みになります。

IPOD型切抜き
糸鋸で切り抜いてipodと同寸の木型が出来ました。

IPOD型を置いたところ
木型をベニア板の上において、

IPOD型にレザーを置いた
上にレザーを置いて、

レザーを水でぬらす
霧吹きで上から水をかけて、

外枠かぶせ
木型を切り抜いた外側の部分をあてがい、

圧着
うぉ~っ!
クランプで圧着し、乾くまで放置します。

立体に
何とか型がつきましたので、画面部分やボタン、ボリューム、コネクタ、カメラのレンズ部分など切り抜きました。

部品切り取り
カバーになる部品も切り抜き、

トコノール塗布
裏面に「トコノール」を塗ってガラス板でならします。

完成
すいません。いきなり完成です。
縫っている最中の画像を撮るのを忘れました。
菱目打ちと呼ばれる錐で穴を開けながら皮用の針と糸で縫い合わせました。
なぜか気持ちが焦ってしまい、少しゆがんでいます。

入れてみた
ipod を装着してみました。
裏面
裏面はこんな感じ。ボタンをつけて閉じられるようにしています。

操作感について
メインスイッチ、ボリュームはやや操作しにくいものの使用上問題ない。
カメラのレンズ穴は完璧。リアもフロントもカバーを装着したまま使用できます。

問題はおしりの部分。イヤホンは穴が小さくてささりません。
ケーブルコネクタ用の穴も小さくてささりません。
しかし、これ以上大きくすると ipod 本体の安定が悪くなりそう。
というより、レザーの厚みが薄ければささっていたと思います。
また、メインスイッチや、ボリュームスイッチの操作も問題無かったような・・・。
つめがあまいっ!
作り直すか検討中。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村 ポチっとお願いします
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。