ぶう工房

主に電動糸鋸を使った趣味のブログ、その他何でも自作にこだわっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

糸鋸:DW788上部集塵改良2

辰の組木を量産中です。

辰組木量産

もう旅立ったものも含めて10体以上切り抜いています。
これだけ切り抜いて気づいたのは糸鋸の上部の集塵の悪さです。

集塵上部

これは以前に上部の集塵を改良したときの画像です。
園芸用のアルミワイヤを巻きつけて集塵口の向きを
調整できるようにしていましたが、刃に近づけようとしても
少し戻りがあり、1センチ以上近づけることは無理でした。
結局、集塵効率は7割程度。
今回のように長時間使用すると、やはり切りくずが気になります。
なんとか刃にぎりぎりまで近づけられないかと考えて、

上部改良1

こんな風に改良してみました。

取り付け位置1

ブレードガードが付いていた位置に鉄の棒を90度に曲げて取り付け、
その先に集塵パイプが通る部品を自作して取り付けました。
鉄の棒と部品は完全に固定せず、きつめに差し込めるようにしてあり、
集塵の向きを調整できるようにしてあります。
これで刃と集塵口は1ミリ程度まで近づけられます。

集塵状態

厚さ2センチの桂を切っていますが、切りくずは全て集塵されています。

取り付けたかさ

この時点で切れる高さは2.5センチ。まだもう少し上げることが出来、
3センチ程度までなら完全に集塵して切ることが出来ます。
私の使用用途から考えればこれ以上のものを切ることはありません。

もっと早くやっておけばよかったな。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村 ポチっとお願いします
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。