ぶう工房

主に電動糸鋸を使った趣味のブログ、その他何でも自作にこだわっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ウクレレ作成2

今日午後から久しぶりに有給休暇をとった。気晴らしにバイクで3時間ほどツーリング。夕方からほんのしばらくウクレレの作成を行った。
画像
先日作成した型にあわせて側板を水にひたし、ベンディングアイロンで曲げていきます。
画像
結構うまくいきました。
画像
型どおりに曲げましたが、側板が少し長いようなので慎重に切り、長さをあわせます。
画像
続いてネックブロックを貼り付けます。が・・・。添付されていたブロックはいびつで左右非対称。音に影響は無いのかもしれませんが、気になるのでベルトサンダーで対称になるまで削りました。手がかかります。トホホ。
画像
続いてヒールブロックも調整後貼り付けます。既にウクレレを作成されている方々は海外品の「タイトボンド」なるもので接着されていますが、ここは日本。私は「木工ボンド」でやります。
画像
次にロゼッタに移ります。このキットには既に溝が掘られています。
画像
付属のものを埋め込みました少しきつめですが、無理やり押し込んで板が割れたらおしまいです。慎重に慎重に。
画像
段差があるのでカッターの歯をスクレイパーのようにしてはみ出ているロゼッタを削り表板と面一にします。
画像
後はひたすらサンディング。240番400番1000番の順に行いつるつるに仕上げました。今日はここまでですが・・・
画像
指板に欠陥発見。ピンボケして見難いですが、指板の先端がかけています。オイオイ。フレットの溝も切られているので切り詰めるわけにも行きません。作り直すしかないようです。
画像
手持ちの黒檀で作り直すことにします。キットの指板は12フレットまでしかありませんが、どうせなら17フレットまでつけようかと思います。初めてのウクレレ作成なのにどこまでも貪欲に行きます。こうなったらバーフリングやインレイもやってみるか。

AUTHOR: 趣味多き人 DATE: 07/10/2008 08:01:07 PM 『手持ちの黒檀で作り直すことに』って、どんどんゴージャスになっていってません?黒檀って、これまた凄いものをお持ちですね~。  弦楽器の事は、さっぱりわかりませんが、ぶう工房さんがヒートアップしていってる事は良くわかります(^^) そして製作に貪欲さが出てくる事、その気持ち、解ります!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。